留学生インタビューInterview

TAKUYA InterviewTAKUYAさんインタビュー

ゴルフ TAKUYA
プロフィール (留学当時)
名前 TAKUYA
年齢 20歳
出身 静岡県沼津市
ゴルフ歴 2年半
平均スコア 80

ゴルフ留学をしようと思ったキッカケは?

ゴルフのレベルアップのため、自分の目指しているゴルフを探す為。

留学先としてアメリカ南カリフォルニアのサンディエゴを選択した理由は?

環境、天気などゴルフをするのにとてもすばらしいと思ったから。

現在、週にどのくらい練習・ラウンドをされてらっしゃいますか?

練習は週6回、ラウンドは週5回ほど。

最後に、ゴルフ留学を考えている方々へメッセージをお願いします!

日本のコースは狭くドライバーを振っていけるゴルフがなかなかできない部分がありますがアメリカのコースはとても広く気持ちよくゴルフができ、距離もタフなので自分の飛距離アップなどに繋がるしラウンドをしていてとても楽しいです。
サンディエゴにはTorrey pines(2008USオープン、ファーマーズインシュアランスオープン開催)のゴルフコース、そのほかにもタフで難易度の高いゴルフコースがたくさんあり、天候もよく練習場の環境もとてもすばらしいです。ゴルフのレベルアップには本当に最適の場所です。
ゴルフが上手くなりたい方、ゴルフを楽しくプレーしたい方、ゴルフを愛している方、是非サンディエゴに来て私たちと一緒にゴルフしましょう。

Yuki Mandai Interview万袋裕紀さんインタビュー

ゴルフ 万袋裕紀
プロフィール (留学当時)
名前 万袋裕紀(マンダイユウキ)
年齢 23歳
出身 岡山県
出身校 甲南大学
ゴルフ歴 9年
ハンディキャップ 0(JGAハンディキャップ)

ゴルフ留学をしようと思ったキッカケは?

プロゴルファーを目指す事になったことと、日本で直すことの出来なかったインサイドアウトのスイング軌道の修正とミニツアーの経験したかったから。

留学先としてアメリカ南カリフォルニアのサンディエゴを選択した理由は?

知人の紹介でサンディエゴを知り、治安の良さ、日本食が食べられる点、チャンピオンコースの多さで決めました。

練習は具体的にどのようなことをしているのですか?

練習は学校での勉強が終わり次第毎日しています。
内容はスイングプレーンの修正がメインで、日本ではまだまだ浸透のない理論を学んでいます。この他にもチッピング練習など毎日芝の上から出来るので、より実践に近い形で練習出来ています。

実際にサンディエゴでゴルフをされた感想はいかがですか?

年中気候が良く、冬でも半袖でラウンドが出来ます。そのおかげで日本よりも体が動きやすく、練習などをしやすいのが一番のメリットだと思います。一日を大事にすれば日本にいる時よりも少ない時間でレベルアップできるのは間違いないと感じています。

留学をして気付いたこと、勉強になったことは何ですか?

1. 技術面
今までは理論など考えながら練習したことはありませんでしたが、現地で体験してみて間違いなく無駄にはならないという事を感じました。それを一番感じたのは試合中です。今まではミスショットをしても原因は分からず終わってから考えていましたが、それでは試合で良い成績は残せません。試合中にいかに早く修正してその日を良い日にするか。日本にいたらこの事に気が付くのが遅かったと思いました。
また、日本で2年間しかコーチについていませんでしたのではっきりとした違いはわかりませんが自分のコーチが言っているのは「日本人は体重移動に重点を置きすぎている。コンパクトに振った方が飛距離も伸びるし精度も上がる。体の事を考えすぎ。」という事を言っていました。それを守っているうちに自分も飛距離を取り戻しつつあります。
2. 精神面
日本にいる時は喜怒哀楽をなるべく抑えてラウンドしていましたが、海外の選手を見てそんな事はないんだと思いました。そのおかげでゴルフに対する集中力が増したと思います。
3. ゴルフコース
日本より高い木が少ないので風の影響を受けやすいです。そして比較的フェアウェイが硬くランが良く出ます。一番違うのはコースの両サイドに民家があるということです。もちろん民家はOBですがボールを探しに行くと住民の方が気さくに声をかけながらボールを投げてくれます。しかしティーグランドから見るとかなりプレッシャーが。意味は違うかもしれませんがこれがアメリカのコースの難しさかも知れません。
4. その他
今までは、少々のトラブルなら一人で解決できると思っていましたがそれは大きな間違いでした。人間は本当に支えあっていかなければいけないんだと思いました。そしてそのことに対して感謝の気持ちを伝えないといけないと思いました。当然のことですが、改めて考えさせられました。

将来の夢は何ですか?

プロゴルファーになる事です。間違いなく可能なことだと思っています。しかしそのためには色々とやらないといけない事があると思っています。そのステップを着実に進み先の事を考えすぎずやっていきたいと思います。

最後に、ゴルフ留学を考えている方々へメッセージをお願いします!

自分は既にスタートを切ってしまっていますから後戻りはできません。しかし皆さまはまだ時間があります。自分が本当にしたい事、する為にはどうすればよいのかなど自分に疑問を投げかけながらプランを組んでみてください。そうすれば、自分とはまた違う素晴らしいゴルフ留学がスタート出来ると思います。
頑張っていきましょう。

アメリカへのゴルフ留学に興味のある方は下記の連絡先よりお気軽にご相談下さい。

  • お問い合わせ
  • オンライン相談予約
  • 資料請求